The Next Stage

~See You Next Show Time~

雨風と共にやってきたセンチメンタルな気分 

■もう1年
何だかんだで、PSO2をプレイし始めてから早1年が経ちました。

当時は右も左もわからず、wikiを見ても意味不明、レベル上げもままならず、
能力付けも「絶対出来ないだろうなぁ」と諦めながら遊んでいましたが、
1年という月日は一人のプレイヤーを変えるには充分過ぎる時間だったようで。

今や全身ゴリゴリに武装し、各種ボスもソロで倒せるにまで至りました。
そして1年後に再度「雨風」を堪能できるとは、色んな意味でデジャヴを感じます。


そして雨風がやってきました。


■リアルでも
その「雨風」が訪れた水曜の更新日、リアル世界でも『嵐』
そして生憎傘を持ち合わせていなかった自分、激務、疲労、心身困憊、
レアブをかけてもいないのに、ライノをゲットしてしまいました。風邪。

喉は痛い、鼻は酷い、声は出ない、汗は出る、気力も出ない、仕事は積む、

この土日も何だかんだで会社出てました。泣きたくなります。
ほんとマジ勘弁してほしいんですけどどど。



■色々考え過ぎた結末
前回の日記、最後の最後に思わせぶりな事を書いた状態で放置してましたが、
改めて考え直して、別に言わなくてもいいのかなぁという結論に。

こんな場末なブログで、どこぞのアークスが一丁前にてめぇの正義感を
振りかざした記事をアップしようが、別に大した事にもならんだろうし、
そんな事にエネルギーを使うくらいならもっと別の有意義な使い道が
あるんじゃねーのかなー、っていう心境が、『BLACK LAGOON』の
数年振りな新刊を読んでたら沸いてきたわけで。


ほんと酷い話ですね全く。自分でもそう思うよ。


本当は、
「ネトゲにおけるコミュニケーションとは」
とか、
「チームというものの在り方」
について、自分なりに意見をまとめてみようと考えていました。
この数か月の間で、自分の周囲を取り巻く環境が色々と変化を繰り返し
ようやく一つの落ち着きを見せてくれたので。

ただ、まとめるに当たって圧倒的に時間も言葉も足りない。
なんか、形は見えてきてるんだけど今一つ的を射たような手応えが無い。
こういう時、自分の語彙力の無さが悔やまれます。ちくしょうめー。


■おセンチモード
この1年、このPSO2というゲームに触れて、色んな方々に出会ってきました。
心無い事も言われたりもしましたけど、それを差し引いても、
良い方々にお会い出来た回数の方が圧倒的に多いです。
このゲームを遊ぶ上でも貴重かつ大切な財産だと思っています。

何気ないチャットも、一緒に回るクエストも、強化のドキドキも、
その気持ちを共有できる人達が画面の向こうにいるという事は素晴らしい事。

でもその素晴らしい機会も、心掛け一つで瓦解する危険性を孕んでいる事を
頭の片隅に入れておかなければいけないんじゃないかなと感じます。
別に何かに明記されているわけでもない、マナーとして、常識として、
「相手の嫌がる事をしない」、これだけで充分なんです。
ゲームだからって何をしても良いわけじゃない、思いやりが肝心なんです。


1年間遊んできて、多くの事を経験させてもらいました。そして今や、
小さいなりにも、とあるチームのマスターなんて事をさせてもらってます。
自分がチムマスなんてするなんて、プレイ当初は全然考えてもいませんでした。
このチムメンとは本当に長い事一緒に遊んできたなぁ、としみじみ感じます。
今後ともヨロシクね。



と、唐突に無理やり話をまとめる始末。
いやぁ、なんか収集付かなくなりそうで自分でもよく解っていないもんでw
いいやん風邪モードで気持ちが寂しんボーイになってんだよw察してw

pso20140526_011716_004.jpg
お茶濁しのSSぺたり。こういう構図結構好き。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment