The Next Stage

~See You Next Show Time~

【愚痴】最近のPSO2に思う事 

■モチベーション低下
前回更新から時間が開きました。
申し訳ない気持ちもあり、仕方ないかという気持ちもあり、結構複雑。
というのも、身辺でバタバタしていたというのもありますが、
その間、PSO2に対するモチベーションが著しく低下していたからです。


以下、愚痴の内容を長文で書いているので、見たくない人はそのまま回れ右してください。


■モチベーション低下の理由
それは、大きく代わり映えのない状況にマンネリ感を覚えている事と、最近話題に上がるアップデート情報が、ユーザー側との思いとで乖離があるのでは、と感じてしまっているのが最大の理由です。

・レベルキャップが1年以上も引き上げられていない、
・常設クエストに対するテコ入れも無い、
・コレクトファイルによる繰り返しの強制、
と、運営からは作業を強いられているような感覚さえある中で、コラボと称して実装されるは、新規ライブイベントやゴジラロビーといったもの。

今まで、色んな形でユーザーアンケートや放送局での質問コーナー等、ユーザーからの情報をダイレクトに拾い上げていったのでしょうが、その結果がこういうコラボもの連発というのは拍子抜けです。
本当に、ユーザーはこういうコラボを期待していたのでしょうか。
もっと根本となる、ゲーム自体に対する改善を期待していたんじゃないのでしょうか。
最近、運営のインタビュー記事や運営ブログにてその辺の狙い等が情報発信されていますが、コラボやオフラインイベントに熱を注いでいる、そこを注目してほしいといった内容ばかりで、肝心のゲームに対する情報や改善計画みたいなものが発信されていないように思えるんですよね。


■コラボ、並びにCMの話
個人的に『コラボ』というのは劇薬だと思っています。
現状を改善するためのテコ入れ、他所からユーザーを引き込むための手段としての位置付け、ただ、頻発すると(それほどこのゲームは危機的状況なのか…?)と思わせてしまう、ハイリスクハイリターンな手段だと考えます。
(それでも、その時々の流行りを取り入れ、互いにPRし合う事は良いとは思います)

ただ、今回の『小林幸子』『ゴジラ』はユーザーや周囲が願った事なのかなぁと。
特に『小林幸子』は、現実に存在する、しかも(表現が汚くて申し訳ないですが)実際にはPSO2とはゆかりの無い方とのコラボです(今回のコラボで縁も出来ましたが)。
現実との境界を壊すためにユーザーからの投資を使ったのであれば、個人的には疑問です。
もっとゲーム自体が現状抱えている問題を改善してからでも遅くなかったのではないかなと。
もっとゲーム自体が抱えている問題を改善して面白さを追求する事に、これら投資を使ってもらいたいのではないかなと。

そう言えば、以前『劇団ひとり』とのCM活動もありましたが、効果はあったのでしょうか。
色々と物議を醸した広報隊も、効果のほどはどれくらいあったのでしょうか。
広報と言うからには、世間にPSO2を広める活動を期待したとは思いますが、結局は身内で盛り上がっていただけのように感じられます。
そして広報隊を終えて現れるは『小林幸子』です。世間の認知度からすれば圧倒的にこちらの方が上。
結局、今までの広報隊って何だったの?と思われても仕方が無いように感じられます。


■PSO2とesと
話をゲームに戻ります。
ちょっと前に、ACスクラッチやガチャの話題が放送局の中でありました。
意図的に外れを混ぜないと運営資金が調達できないとか何とか。
加えてレイアリングウェアのような開発にリソースを費やすためには資金を調達しないと云々、という事を運営は仰っていましたね。

資金調達を狙いとするなら、まずは月額課金であるプレミアの魅力を拡充すればいいのに。
最近のアプデでようやくコレクトファイル枠拡大というテコ入れがありましたけど、プレミアにする事で得られるメリットをもっと拡大して良いと考えます。
例えばマイファッションやカメラ固定の枠を増やすとか、ギャザリングのライフを増やすとか。
手っ取り早く資金調達が出来るのはスクラッチなんでしょうけど「意図的に外れを入れてます」と運営が言っているスクラッチというのも、いささか魅力に欠けます。

しかもそのスクラッチも、一部の層を狙ったようなものが露骨に多く感じられます。
極端な例で言えば、esのウェポノイドや水着イラストですかね。
PSO2もガチャの確率表記を始めましたけど、esの場合、メダルによるラインナップには確率表記を載せていないんですよね。加えて外れ枠を多めに仕込んでいるようで。

結局、ゲーム自体の面白さを押し出してユーザー数を増やして資金回収する、という形ではなく、既存ユーザーとりわけスクラッチを数多く回してくれる層にターゲットを絞ったようなラインナップで、スクラッチによる資金回収を主にしていくのかな、と感じられてしまいます。


■一旦締め
自分は、このゲームは『ガンナー』という、ガンカタが出来るゲームがあると知って、遊びたいと思い、シリーズも知らない状況下で遊び始めました。
色々と紆余曲折はありましたけど、現状最大のレアTMG(ヤスミ8000C)もゲット出来、バランス調整も今が一番動かしていて面白いと思える状態になったと感じています(それでもまだ不満点はありますが)。
また過去に色んな出会いやイベントを体験でき、PSO2による遊びを満足に感じていました。
ただ、今はそこまで満足感は感じておりません。惰性で遊んでいる状況とも言えます。

コラボやガチャに頼らず、ゲーム自体の面白さを魅力として伝え、今後も長く遊んでもらえるような改善を切に望みます。
そんな情報が、13日のフェスで発表されるのでしょうかね。今後はコア層にも満足できるように改善していくとはインタビューで見ましたけど、それがどういう切り口で行なっていくのかがわからない以上、現時点では不安です。

それがこけた時が、自分がこのゲームを止める時なのかなぁと思えてなりません。

ここまで読んで頂けた方、長文乱筆失礼しました。
仮に不快に思われたら申し訳ありません。

※注※
 今回の記事において、固有人名は敬称を略させて頂きました。ご了承ください。
 またそれによって読み手が不快に思われてしまいましたら、申し訳ありません。

スポンサーサイト

Comment

Add your comment